食べられる断食合宿「味覚瞑想」の3日間の様子

 

 

f:id:ippondaikon:20170913193011j:plain



  

味覚瞑想って、どんな断食合宿なんだろう?と興味を持って頂けた方のために

味覚瞑想の3日間をご紹介いたします。

 

 

味覚瞑想1日目

 

1日目のお昼(会場により集合時間が異なります)に会場に集合。

皆さん、バス・電車や自家用車で会場へと集まっていらっしゃいます。

 

まずは、梅醤番茶を一服。

オリエンテーションの始まりです。施設の使い方や断食合宿の注意点と

プログラムの説明をします。

その後に全員に簡単な自己紹介をしていただきます。

 

それから、スキマ理論の講義があります。質疑応答の時間もありますよ。

でも、この時点でスキマ理論が理解できていなくても大丈夫です。

プログラムを体感することで、スキマに居るという感覚が次第に分かるようになっていきます。

 

それから、コンニャク湿布または生姜湿布をします。

コンニャク湿布は、温めたコンニャクをタオルに包んでお腹に当てるという、お手当の方法です。腸の養生のために行います。

 生姜湿布は、生姜汁を入れた湯に浸け絞ったタオルをお腹に当てるというお手当法です。同じく腸の養生のために行います。

食べる断食合宿「味覚瞑想」のベースには、わたしが10年以上学んだマクロビオティックの知識と技術があります。

コンニャク湿布も生姜湿布も、マクロビオティックではとてもポピュラーなお手当法ですよ。

マクロビオティックでは腸と脳が連動しているという考えがあり、腸の調子を整えることで頭の中も静かになっていくのです。

 

その後は2時間のお昼寝タイムです。おやすみなさい~。

 

起きると、お夕飯の時間です。

 f:id:ippondaikon:20170912200353j:plain

断食合宿「味覚瞑想」の中の味覚瞑想タイムです。

五感の一つである味覚を思考に手伝ってもらいながら解放していきます。

面白い体験ですよ。思考に縛られた味覚を思考で解放する体験です。

 

ゆっくりと時間をかけて、お夕飯をいただきます。

 

その後はお茶を飲みながら感想をシェアしたり、横になって休憩したりのくつろぐ時間です。

そして、22時には就寝します。

 

味覚瞑想2日目

朝起床して、身支度をすましたら、家の中のお掃除をします。

マクロビオティックでは、「家は大きなカラダである。」と考えます。

自分の内側をスッキリさせたいなら、家の中をお掃除する。

成長して心が大きくなったらカラダも大きくなるので、

家の中だけでなく、家の周りもお掃除します。

さらに心が成長すれば、地域、社会、世界へと大きなカラダをお掃除するようになっていきます。

お掃除が終わったら、朝のお茶を一服。

カラダに染みわたる美味しさですよ。

 

そのあと休憩です。

 

午前中は音とカラダのワークを行います。

聴覚・触覚を刺激するワークによって、さまざまな感覚を感じていきます。

カラダと五感によって、存在しているという感覚を味わっていきます。

 

それから、お散歩。あるいは、質問タイム。はたまた、カラダのワークの続き等。

参加者の心身の状態とご希望に沿って、昼過ぎまでの時間を過ごします。

 

昼は美味しい飲み物があります。

 f:id:ippondaikon:20170913193008j:plain

 

そして、入浴とコンニャク湿布(または生姜湿布)。これは1日目と同じです。

もちろん、2時間のお昼寝も同じです。おやすみなさい~。

 

起きると、お夕飯の時間です。

2日目の味覚瞑想タイムは初日よりも深いものになっていきます。

参加者の五感がだんだんと解放されてきているので、今までにない味覚を味わうことができます。

ゆっくりと時間をかけて、お夕飯をいただきます。

 

2日目の夜はみんなでお茶を飲みながら、カードを使った潜在意識との対話をします。

f:id:ippondaikon:20170913192956j:plain

断食で頭とカラダがクリアになっているので、深い意識とつながりやすくなっています。3日目は朝から断食明けの食事を食べるだけなので、少々おしゃべりも長くなってしまいますね。

22時に就寝します。

 

味覚瞑想3日目

朝起床して身支度をしたら、2日目と同じようにお掃除をします。

復食の講義をします。断食合宿後の注意点やこれからの一週間の過ごし方をお話しします。

それから、断食明けの食事です。

 

断食明けは大根汁をいただきます。一緒に新鮮なお野菜や発酵食品を摂ります。

f:id:ippondaikon:20170913193013j:plain

宿便流しはお坊さんもしてきた方法で、腸を洗う感覚です。

腸がすっきりすると脳もスッキリしますよ。スッキリした最後は果物をいただきます。

明けの食事がすんだら、それぞれぼーっとしたり、おしゃべりしたり、うたた寝したりの休憩タイムです。

最後にふり返りをして、お別れです。

3日間おつかれさまでした~。

 

 

いままで参加して下さった参加者の声はこちら

  ↓

受講者の声 

 

 

味覚瞑想 年間スケジュール

 平成30年

(定員7名 会場によって異なります)

1/28(日)~1/30(火) 安芸高田会場 受講料¥21,600 終了

2/10(土)~2/12(月祝)【再受講者限定】受講料¥21,60  終了

2/26(月)~2/28(水) 淡路島会場  受講料¥54,000 終了

3/16(金)~3/18(日) 安芸高田会場 受講料¥21,600 終了

4/19(木)~4/21(土) 神楽門前湯治村 受講料¥32,400 終了

5/17(木)~5/19(土) 神楽門前湯治村 受講料¥32,400 終了

6/15(金)~6/17(日) 神楽門前湯治村 受講料¥32,400 終了

7/13(金)~7/15(日) 神楽門前湯治村 受講料¥32,400 受付終了

7/30(月)~8/1(水)   淡路島会場   受講料¥59,400 受付終了

8/26(日)~8/28(火)    神楽門前湯治村 受講料¥32,400 受付終了

9/8(土)~9/10(月)   神楽門前湯治村 受講料¥32,400 受付終了

 

 

 

 

味覚瞑想のお申し込みはこちらから↓

味覚瞑想のお申し込みフォーム

 

 

 

会場・アクセスについてはこちらをどうぞ↓

http://hiyamanaoko.hatenablog.com/entry/2017/09/14/123820

 

 

 

 

 

 

hiyamanaoko.hatenablog.com 

hiyamanaoko.hatenablog.com 

hiyamanaoko.hatenablog.com 

hiyamanaoko.hatenablog.com