五感を使って哲学を学ぶ~体感哲学「スキマ理論セッション」の様子

f:id:ippondaikon:20170913220349j:plain

 

 

スキマ理論sessionとは、スキマ理論を生活実践できるようになるための体感セッションです。

 

スキマ理論は、いわば哲学です。

哲学だけでも人はしあわせになれますが、そうとうに時間がかかります。

一人で試行錯誤するのでは壁にぶち当たって、そこから動けなくなることもあります。

 

だから、実践です。

スキマ理論を人生に、日常に入れ込むには、実践が必要です。

スキマ理論セッションで提供するのは、体感です。

スキマという概念を頭でなく、五感で感じるための体験です。

そして、体感した体験を言葉にする。意識的な会話=問答をします。

 

感じる→言葉にする→感じる→言葉にする

 

その繰り返しをしていきます。

 

 

 

スキマ理論session(基礎)の一例

 

まず、触覚から、やがて聴覚とともに

お茶を飲みながら、スキマ理論の説明をしたあとで、

まずは触覚を感じてもらいます。

カラダのワークを通して、自発的に動くカラダと他者に動かしてもらうカラダの感じの違いを味わっていきます。

クライアントはその違いによって、五感を思考で縛っていることに気づいていきます。

わたしの言葉と気づきの促しによって、だんだんと五感の縛りを開放できるようになっていきます。

 

さらに音を加えて、音とカラダのワークに移っていきます。

聴覚への刺激の違い、触覚への刺激の違い、それによって自分はどう感じているのか、クライアント自身に感じてみてもらいます。

刺激のあとは休憩し、感じたことを言葉にしてみる。わたしと問答する。

セッションのあいだずっと、感じて→言葉にする は続いていきます。

 

いつもと違う方法で味覚を感じてみる

味覚。視覚に次いで、味覚も誰もがよく使っている感覚です。

 

だからこそ、味覚を開放すると感じ方は劇的に変わっていきます。

 

数種類の液体を一口ずつ味わっていただきます。

液体はすべて食べ物から作られたマクロビオティックのお手当ドリンクです。

お手当ドリンクとは、咳が出るときには蓮根湯、冷えがある人には小豆茶など、

養生を目的としたお手当てに使う飲み物です。

ここでも、感じて→言葉にする の繰り返しです。

スキマにいることを意識して、味わってみる。

五感を縛る思考の癖に気づいたあと、味わってみる。

味は変化していきます。感じて言葉にすればするほど、味は変化するのです。

 

ヒーリングマクロビオティックランチ

 

昼ごはんはヒーリングマクロビオティックランチを召し上がっていただきます。

これもまた、五感とスキマに居るトレーニングになります。

 

自分の鳴らす音を聴く。

最後は、聴覚です。

さまざまな楽器をご用意しています。ですが、どれも音階を奏でられない楽器です。

つまり、メロディーを演奏できない楽器たち。

太鼓、トライアングル、タンバリン、レインメーカー、鐘、鈴など。

縦笛やハーモニカのようなメロディーを演奏できるものは、「正しさ」「きれい」

という罠にはまるからです。

善悪は思考の産物。五感には善悪はありません。

「正しさ」を追い求めた瞬間、スキマから外れて思考に囚われます。

だから、メロディーはいらないのです。

 

唯一例外は自分の声。

でも、誰かの歌を歌うのは禁止です。

今、この瞬間の自分の歌を歌うことだけが許されます。

あるいは歌わなくてもいいのです。ただ、楽器たちを鳴らしてください。

「正しさ」「きれい」から離れて、楽器を鳴らしたことがありますか?

存分に楽しんでください。

思考の縛りから外れたとき、五感は解放され、あなたはスキマに居ます。

 

 まとめ

 

以上がスキマ理論session基礎の一例です。

実際はクライアントによって、内容は変えていきます。

なぜなら、五感の中で得意不得意が人それぞれ違うからです。

 

でも、不得意な感覚ばかりを刺激することもありません。

五感はそれぞれが連動して働くからです。

1つの感覚を刺激するだけで、別な感覚も鋭敏になっていくのです。

 

スキマ理論sessionは基礎、実践、応用と3クラスあります。

実践編では、ただひたすら〇〇を〇〇〇してもらいます。

クライアントは皆、夢中になりますよ。

 

応用編では、日常でかなりスキマに居られるようになった方対象に、

もっとパーソナルな問題にアプローチしていきます。

 

マンツーマンがちょっと苦手、でもスキマ理論sessionを体験したい方向けに、

体験グループsessionもあります。

2時間の短縮バージョンを、4名までの少人数でグループセッションとして体験することができます。

 

 

 

スキマ理論session 概要

<スタイル>マンツーマン問答方式

<会場>広島県安芸高田市(お申し込みの方に詳細をお知らせします)

<所要時間>5時間

<受講料>¥10,800(税込)

 

※録音録画写真撮影はできません。流れが大切な講座のためご理解ください。

 

スキマ理論session 日程

 10/20(金)10:00~15:00  予約済

 10/25(水)10:00~15:00 予約済

 11/1(水)  10:00~15:00  予約済

 11/7(火)  10:00~15:00 予約済

 11/8(水)  10:00~15:00   予約済

 11/17(金) 10:00~15:00 予約済

 11/18(土) 10:00~15:00   予約済

 11/21(火) 10:00~15:00

 11/25(土) 10:00~15:00 予約済 

 11/29(水) 10:00~15:00

 11/30(木) 10:00~15:00

12/4(月)10:00~15:00

12/6(水)10:00~15:00

12/9(土)10:00~15:00

12/11(月)10:00~15:00 予約済

12/15(金)10:00~15:00

 

        ↓

スキマ理論sessionのお申し込みフォーム

 

 

 

 スキマ理論 7日間無料メール講座

 

メールでもスキマ理論を7日間で体験できます。セッションで行うワークも付いています。

無料メール講座だけでもスキマを理解できますよ。

         ↓

「スキマ理論 7日間無料メール講座」のお申し込み

 

 

 

 

スキマ理論 体験グループsession 日程

 定員4名  2時間¥5,000(税込)

9/13(水)13:00~15:00  終了

10/19(木)13:00~15:00 終了

11/6(月)  13:00~15:00 終了

11/26(日)13:00~15:00 受付中

12/17(日)13:00~15:00 受付中

 

      ↓

スキマ理論 体験グループsessionのお申し込み

 

 

hiyamanaoko.hatenablog.com 

hiyamanaoko.hatenablog.com  

hiyamanaoko.hatenablog.com