食・夢・性・愛・哲学の5つのテーマで贈る~しあわせな尾道 talk&cooking show~!

soundcloud.com

 10/28(土)・10/29(日)の2日間、尾道でイベントを開催します。

その名も「しあわせな尾道 talk&cooking show」

会場は尾道グリーンヒルホテル(10/28)と尾道迎賓館(10/29)です。

その開催に至った経緯と講師の方々をご紹介します。

 

 

 

イベント、コンサートのあるある「広島とばし」

 

 

広島は、とかく飛ばされやすい…。

おもろいイベントやコンサートは大阪が済んだら博多へ…。( ;∀;)

岡山に来たと思っても、次は博多へ…。

イベントやコンサートのあるある「広島とばし」。

 

なら、いいです。

自分でやるから!

 

というわけで、楽しいことを自分で作ることにしました。

最高の最幸の講師陣で送る「しあわせな尾道 talk&cooking show」開催します。

 

6人の講師で送る、しあわせな尾道2days。

講師の方々をご紹介します。

 

 

新潟から曽我智美さん「魔法の夢ノート講座」

曽我さんと出会ったのは、東京でのビジネス講座。

ふんわり~おっとりな雰囲気の女性。話してみると愉快な人で存在感あり過ぎ(笑)

 

回を重ねるごとに色々なことを知るようになって、

「お子さんいるんですね」(うんうん、包容力あるもんな~)

「はっ?エッ!子供7人いるんですか~~~~!」(絶句!)

 

子供が3人4人と聞けば「大変ですね」などの言葉も出てきますが、

子供7人と聞いては、もはや何も言葉が出てきませんでした……。

 

わたしは曽我さんに会って、子育てのイメージが180度変わりました。

「子育てって、ほんとうにしあわせなんだ」と。

曽我さんが御主人に「わたしのどこが好き?」と聞いてみたら、

「何にも出来ないとこ。」と言われたそうです。(ああ~、ちくしょう~!)

 

7人子供育ててて、何にもできないって旦那さんに言われる女性って。。。。

いい。いい。いいわ。

 

だから、「曽我さんに実際に会って、みんなにもこの衝撃を味わって欲しい!」

と、思ったのです。

この衝撃を分かち合いたい(笑)

 

曽我さんは長くカウンセリングのお仕事をされていた方で、現在は魔法の夢ノート講座のみならず、カードセラピー、ビジネス講座も展開し、東京や大阪でも講座を開催されています。

曽我さんをさらに知りたい方はblogをご覧ください。

ameblo.jp

 

広島から福見ベティさん「ベティの縁ロールする人生講座」

ベティさんとのご縁は、わたしが2015年にベルギーに旅立つ前日のこと、

一緒に大量の料理を作る(大変でした笑)という出会いから始まりました。

それから、わたしの節目節目でベティさんが登場するという不思議なご縁。

 

このイベントを開催すると決めた時に、わたしは早い段階でベティさんへ講座の依頼をしました。

 

ベティさんは人・もの・コトを愛するひと。

そして、愛するだけでなく、周りの人に伝え感化させていく力があるひと。

 

心理学用語のエンロール

「人が何かの魅力や価値を感じ、自分で決めて自分から物事に積極的に取り組む状態を起こすこと」

それをもじって、縁ロール。ベティさんは縁ロールの天才だから。

太鼓の達人ではありません笑)

 

 

イベントの参加者の多くはわたしの友人たちになるでしょう。

その大切な友人たちにオモロイ講師に出会ってもらおう。

実際に会って、同じ空間で同じ時間を過ごすからこそ伝わることがきっとある。

そう思ったのです。

 

わたしがベティさんを好きなところは、清濁併せ呑む気概。

愛するとはそういうことなのだと思います。

(ベティさんは大須賀町オーガニックバーTARIQ店主です)

 

それを会場で感じてください。

 

 

広島から小野誉里子さん&當山敦己さん「大人のための性教育講座」

 

小野ちゃんは安芸太田町「まる屋助産院」助産師さん。

 

 

彼女の持論は、性教育は中学生と高校生のためだけでなく、老若男女の全年齢層に性教育は必要です、というもの。

 

初めてそれを聞いた時は、ピンと来ませんでした。

でも、聞いているうちに「確かに自分の性は死ぬまで持っている」のだと気づきました。

だから、生涯学ぶ必要があるのだと。

 

今回は「自分の性をより楽しむために」と題し、自分の女性性と男性性に向き合うワークを行ってくれます。

それだけでも楽しみなのですが、さらにゲストが加わります。

 

小野ちゃんが「どうしてもこの人をゲストに呼びたい!」との熱烈オファーに応えて加わってくれるのは、セクシャルマイノリティー活動家の當山敦己さん。

彼はFTM(女性→男性へのトランスジェンダー)の方。

 

わたし「小野ちゃん、どうして當山さんを呼びたかったの?」

小野ちゃん「當山さんほど自分の女性性と男性性に向き合った人はいないと思う。だから、参加者のみんなと當山さんでいろいろな思いをシェアできたら素晴らしい講座になると思う。」

 

そういう講座にきっとなると思います。

夜の時間帯で参加しずらいとは思いますが、大人の時間に大人の話をご一緒しましょう。

www.maruya-kake.com

 

atuki-touyama.webnode.jp

 

 

 

兵庫から藤本裕子さん「忙しい女性のための時短マクロビ常備菜レッスン」

藤本裕子さんとは、2013年10月に小淵沢でのマクロビオティックインストラクター取得のための研修合宿で出会いました。

 

もう、一目惚れで。この人をもっとよく知りたい、理解したい。

で、猛烈アタック(死語だよね)。

そして、なんだかんだと今までかなりの頻度でおつき合い♡。

 

 

彼女のレッスンの凄さは生徒さんの持っている制限を外してしまうところ。

 

 

乾物料理はねー、マクロビ料理はねー、という固定観念を見事に外してしまう。

 

今回はわたしも見事に制限を外されてしまった!常備菜レッスンをクッキングショー形式で見せてくれます。

切り干し大根を使い12品の料理に展開していく工程すべてを、余すところなく見せてくれます。

 

あなたの制限も、ぱっかーん!と外れますよ。きっと、参加者全員が(笑)。

ぜひ、会場で目撃して下さい。

 

porepore2010.com

 

広島から桧山尚子さん「あなたの最高の食事を聞かせて」 

本人からスイヤセン。

 

わたしの生涯探求していくだろう大好きなテーマ「最高の食事とは?」。

これをテーマに、参加者のみなさんと哲学的に考えてみようという試みです。

 

哲学というと、人間とは?生きるとは?というイメージですね。

ココでは「人間にとって美味しいとは?」を一緒に考えてみたいと思っています。

 

参加者の方から最高の食事についてのエピソードを聞き取りながら、

とで分かりやすく皆さんの美味しいを解体し、「美味しいとは、いったい何なのか?」を突き詰めていきたいと思います。

 

どこまで辿り着けるかは、出たとこ勝負。

みなさんの力をお借りして、「ほんとうの美味しいとは」を目指します。

 

ご興味のある方は、是非お早めにお申し込みください。

 

  

hiyamanaoko.hatenablog.com

   

hiyamanaoko.hatenablog.com