ポッドキャストスキマ理論 第5話「2500年前のスキマ」~ハーバリウムの名は“情熱のスキマ理論”

f:id:ippondaikon:20171020235751j:plain

soundcloud.com

 

音声でお送りするスキマ理論、第5話になりました。

新しい試みですが予想以上に好評です。

現代は、色々な発信ツールが簡単に誰でも使えるというのは素敵ですね。

自分を表現しうる方法がたくさんあるのですから。

 

スキマ理論sessionもわたしの一つの表現です。

周囲に世界に、わたしという存在が何を考え、何を大切に想い、何を面白がっているか、を表現していることになるからです。

 

本日のスキマ理論sessionにおいても、それを表現しました。

クライアントさんと作る調和を保ちつつ。

今日で一連のコースを修了されたクライアントさんは、最後にわたしに言葉を送ってくれました。

「スキマ理論sessionは、わたしが欲しかったけど得られなかったものを与えてくれました。他のテクニックでは得られなかった、人間のベースを満たしてくれるものです。感情に良いも悪いもなくて全てが存在してもいいんだ、と今は分かります。」

嬉しい言葉でした。

 

そして、ハーバリウムという素敵な置物を選んでくれました。

クライアントさんは、選んでくれたハーバリウムに名前を付けてくれました。

その名は、“情熱のスキマ理論”

「桧山さんの情熱はピンクではないです。赤です。」

だそうです。

 

真剣に全ワークに取り組んでくれてありがとう。

自分の感情に結着を付けていく人生を歩んで下さいね。